ひじはく2024『ボクササイズ&HOGストレッチ』

日出町ウェルネスツーリズム協会主催のウェルネスプログラム

3/17㈰・日出町保健福祉センターで『ボクササイズ&HOGストレッチ』講座を開催。

弊社クライアントの小畑武尊プロ(日本ウェルター級暫定王者)の指導でボクササイズでストレス解消を兼ねてよい汗をかきました。

いつもにこやかな小畑(コバタ)プロ、今日も一段とにこやかでした。

パンチの繰り出し方、足の運び方をリズミカルに

『HOGストレッチ』で筋の柔軟性・関節可動域を拡げウォームアップ完了!

車いすアスリートにもご参加いただきました。ボクササイズでの腕の使い方や振り出し方などを参考にトレーニングプログラムに取り入れたいとの感想をいただきました。

小畑プロも車いすアスリートのお二人に熱い思いを伝えていました!

東京マラソン2024

★3万人が都内を走る東京マラソン2024-車いすランナーも走る!

                不夜城のように輝く都庁。

        マラソン前日(3/2)夜、スタート地点の都庁前を視察に行きました。

3/3㈰ スタート前ウォームアップ中の 右から渡辺選手(TOPPAN)・洞ノ上選手(ヤフージャパン)・川室選手(HONDA)・廣道選手(EY)・松永選手(WORD AC)らのエリートランナー。

ゴール後、何やら反省会中?の廣道選手と松永選手ー

松永選手、20kmあたりでエネルギー切れのガス欠ながらなんとかゴールしたそうです。そんなレース展開の中でも14位につけました。松永選手2月のドバイの国際大会トラックレースでは400.800mで銀・銅メダルを自己ベストで獲得、直後のトラックレースからフルマラソンでのコンディショニング作りの難しさを多いに感じたレースでした。

廣道選手、久しぶりのフルマラソンで10位以内を目指しましたが、12位でゴールしました。トレーナーとして25年目の帯同ですが、疲労回復のサイクルが伸びてることや減退傾向にある体力ながら25年前当時と変わらずレジェンドとしての走りを見せてくれました。

川室選手、2月後半からレース直前まで頸椎の痛みを訴えていましたが、レースに入ると痛みを忘れたかのようなレース展開で9位でゴールしてきました。ゴール後、頸の痛みの経過を訊ねたところレース中もゴール後も全く痛みを感じなかったということでした。川室選手とは週一のリコンディショニングがうまく機能している結果でした。

レース結果は、鈴木選手(TOYOTA)が2位のダニエル・ロマンチェック(USA)を大きく引き離して優勝!3位は福岡の渡辺選手(TOPPAN)。

(大会記念ノベルティのショルダーバッグをいただきました!)

『HOGストレッチ』ホームケアトレーナー養成講座・2月コース修了

わさだ校で行われた『HOGストレッチ・ホームケアトレーナー養成講座』の2月コースに4名の受講生にご参加いただきました。

受講生のM・Mさまは、タイ式マッサージをタイで習得、由布院にてサロン開業中の経験豊かなセラピストさんで、今回『HOGストレッチ』を学びに来られました。動的ストレッチとしてタイ式マッサージと共通する部分があり圧倒的な集中力で修得されました。
受講生のK・Tさまは、リンパトリートメント、フェイシャルケアのサロンオーナーの方で、今回、お客様の方とお二人で受講されました。さすがご経験豊かなセラピト経験のお持ちな方で、腕力に頼らない体重移動、施術フォームを重視した丁寧な施術力を修得されました。

受講生のN・Sさまは、ご家族の為に『HOGストレッチ』を健康促進・維持に活用したいという動機で受講の主婦の方で、将来はセラピストとして自律目指して頑張りたいとの思いをはせていました。とても感性豊かな方でセラピストとして多いに期待される、魅力いっぱいの受講生です。